「らぽ~る」 規約

 (名称)

第1条 この会は、「らぽーる」と称する。

 

 (目的)

第2条 この会は、安心してお産や育児の出来る社会の実現に向け活動することを目的とする。

 

 (活動)

第3条 この会は、第2条の目的を達成するため、以下の活動を行う。

 ・市民と医療従事者との良好な関係づくりを促進する事業

 ・市民がお産や育児について考える機会を提供する事業

 ・お産や育児にまつわる状況を改善する案を提案する事業

 

 (活動範囲)

第4条 この会は、静岡県富士市および富士宮市を中心に活動する。

 

 (種別)

第5条 この会の会員は、次の2種とする。

 (1) 正会員

 この会の目的に賛同し、年会費をおさめた個人。

 (2) 賛助会員

 この会の目的に賛同する個人および団体・法人・行政機関。

 

 (会費)

第6条 会員は、役員会において別に定める年会費を納めなければならない。

 

 (拠出金品の不返還)

第7条 すでに納入した会費及びその他の拠出金品は返還しない。

 

 (役員の種別及び定数)

第8条 この会に、3名以上の役員を置く。

 2 役員のうちからリーダー、会計、書記をそれぞれ1人以上選任する。

 

 (役員の選任)

第9条 役員は、総会において選任する。

 2 リーダー、会計、書記の役職は、役員の互選により選出する。

 

 (役員の職務)

第10条 役員は、役員会を構成し、この会の業務の執行を決定する。

 

 (役員の任期等)

第11条 役員の任期は1年とする。ただし、役員は、再任を妨げない。

 2 前項の規定にかかわらず、後任の役員が選任されていない場合に限り、任期の末日後最初の総会が終結するまでその任期を伸張する。

 3 役員は、辞任し、又は任期が満了した場合においても、第8条に定める最小の役員数を欠く場合には、後任者が就任するまではその職務を行わなければならない。

 

 (役員の欠員補充)

第12条 役員欠員が生じたときは、会員の中から補充できる。欠員補充によって就任した役員の任期は、前任者の残存期間とする。

 

 (役員の解任)

第13条 役員が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、総会の議決により、その役員を解任することができる。この場合、その役員に対し、議決する前に弁明の機会を与えなければならない。

 (1) 心身の故障のため、職務の遂行に耐えられないと認められるとき。

 (2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

 

 (総会の種類及び構成)

第14条 この会の総会は、通常総会と臨時総会の2種とし、正会員をもって構成する。

 

 (総会の権能)

第15条 総会は次の事項を議決する。

 (1) 規約の決定及び変更

 (2) 役員の選出

 (3) 予算の決定

 (4) 会務の報告及び決算

 (5) その他重要事項

 

 (総会の開催)

 第16条 通常総会は、毎年1回開催する。

 2 臨時総会は、役員会が必要と認め招集の請求をした場合、又は正会員数の5分の1以上から招集の請求があった時に開催する。

 

 (総会の運営)

第17条  役員会及び正会員から招集の請求があった場合、その日から30日以内に臨時総会を招集しなければならない。   

 2 総会を招集する場合は、開催の2日前までに通知しなければならない。   

 3 議長は、その総会において、出席した正会員の中から選出する。   

 4 総会の定足数は2分の1とする。   

 5 総会の議事は、出席した正会員の過半数を持って決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。   

 6 総会の表決権は平等とし、書面または電磁的方法による表決又は他の正会員へ委任することが出来る。その場合は総会に出席したものとする。

 

 (役員会の構成・権能)

第18条 役員会は、役員をもって構成し以下の事項を議決する。

 (1) 総会に付議すべき事項

 (2) 総会の議決した事項の執行に関する事項

 (3) その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項

 

 (役員会の開催)

第19条 役員会は以下に該当するとき開催する。

 (1)会長が必要と認めた場合

 (2)役員の2分の1以上が請求した場合

 

 (役員会の運営)

第20条 役員会は、リーダーが招集する。   

 2 役員から招集の請求があった場合、その日から15日以内に役員会を招集しなければならない。   

 3 役員会を招集する場合は、開催の2日前までに通知しなければならない。   

 4 議長は、リーダーのうち1名が務める。   

 5 役員会の定足数は2分の1とする。   

 6 役員会の議事は、出席した役員の過半数を持って決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。   

 7 役員会の表決権は平等とし、書面による表決又は他の役員へ委任することが出来る。その場合は役員会に出席したものとする。

 

 (資産の構成及び管理)

第21条 この会の資産は会費・寄付金及びその他の収入とし、その管理は役員会の指導の下事務局が行い、細部については一任する。

 

 (活動方針及び予算)

 第22条 活動方針及び予算は役員会で作成し、総会の議決を経なければならない。   

 2 臨時の場合、役員会の議決で暫定的に予算を変更できる。

 

 (活動報告及び決算)

第23条 活動報告及び決算は、年度終了後速やかに役員会で作成し、監事による監査の後、総会の承認を経なければならない。

 

 (事業年度)

第24条 この会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

 (細則)

第25条 この規約の執行に関し必要な細則は、役員会の議決を経て、事務局が別に定める。

 

 (規約の改定)

第26条 この規約の改定は総会の議決を経て行う。

 

 (解散)

第27条 本会は総会において正会員の4分3以上の同意を得て解散することが出来る。解散に伴う残余財産の処分は、役員会で協議の上、総会の議決を得て決定する。